国税庁が発表したビットコインの利益は「雑所得」について

ビットコインの利益は「THE・雑所得」

2018年9月9日にこの記事を書いているのですが、おいらもきちんと確定申告しました笑

 

実は今、暗号通貨で150万円くらい利益が出ているのですが、9月6日に国税庁がビットコインで出た利益に関して、「雑所得」にて課税する事がきまりましたね。

僕も納税をする時が来そうです(笑)実は250万くらいあったのですが、中国のICO暗号通貨規制関連で、僕の持っていたコインたちの価格が落ち、気づいたら150万円になっていました(笑)

去年の10月から3万円の軍資金を使ってコツコツデイトレードを重ねてきたのに残念です。でも元が3万円なので、まだまだプラスなのでお遊び程度に楽しんでます。

 

さて、国税庁が出した課税関係ですが、これです!

→→国税庁のビットコインの記事に関してはこちら←←

[平成29年4月1日現在法令等]

ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。
このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。

国税庁HPより

おいおい!ビットコインだけ!?
アルトコインは?(笑)ってかもっと詳しく書かないと!(笑)
確かにビットコインも何回も利確してコニョコニョやってたけど、アルトコインもコニョコニョやってたよ!まあ、1000%課税対象なんだろうけど。

なんか、インターネットを見ると、いろんな見解や節税方法が出回っているけど、まあ年度末にはとうとう私も納税ができるという事ですね!(笑)

なんか、納税って響きを聞くとみんなだるいとか言っている人も多いと思うけど、なんか僕はしたいんですよね(笑)もし、12月までに僕が保有する全コインの価格が暴落して納税できなかったらなんかちょっと悲しくもなります。

 

とりあえず、暗号通貨取引の課税についてはこの方の記事が参考になったのでシェアしておきます(笑)

仮想通貨(ビットコイン)取引の課税について、税理士に聞いてきた

当時は、課税対象ではない暗号通貨が本格的に課税されるようになって、「投機」的にやっていた人も徐々に投資対象にするので価格は安定し、かつ上昇するでしょうね!(笑)

僕が使っている取引所は、この「Zaif」と、

「bitFlyer」になります!

 

みんなもぜひやってみて!(笑)

楽しいですよ!!(笑)