簡単な自己紹介

上原 賢祐(うえはら けんゆう)の簡単な自己紹介

山口大学の博士課程の学生です.

大学なんてオワコンなんてちらほら騒がれているなか,現在博士課程なのです.荒波に逆行して頑張ってます.
普段は,脳波を中心にバイオメディカルの研究をしてます.若手研究者と思ってます.
最近は「研究者=フリーランス」ということに気づき,Twitter(@kenyu0501_)や本ブログで情報発信をしてます.
ぜひTwitterをフォローしてくれたら嬉しいです!

研究に関することを中心に全て無料で無料公開しております.

以下はなぜ研究者である僕がブログを綴っているかを書いている記事です!

よければ始めにお読みください!

 

研究について

生体信号の一つである脳波を研究しています。脳波を解析するモデルを作ってます。

病態診断やヒトの生理学的変化などを推定することができるかもしれません。

修論は脳を冷やす装置を研究していました。研究成果も多々認められたりして、表彰等もいただいてます。

  • 2018/04 – 2020/03 「日本学術振興会の特別研究員DC2
    学生でありながら給料と研究資金がいただける”学振”に採用されました。誰にか分からないですが、何かしら還元できたらとブログを綴っています。
  • 2018/06 「日本学生支援機構第一種奨学金 半額免除」
    ドクター1年の時に借りていた奨学金が半額免除になりました。半額なので参考になるか分かりませんが、資料も無料公開しているのでよかったら是非!(記事へ
  • 2017/10 「博士課程 常盤工業会奨学生 採用」
    返還無しのタイプA(50万円)の奨学生として常盤工業会から採用されました。山口大学生は応募して見たらと思います(⇨detail
  • 2017/06 「日本学生支援機構第一種奨学金 全額免除」
    僕の修士2年間の成績や、使用した申請書、アドバイス等を惜しみなく書かせていただいた記事を書いてます。月3000PVは出してます(奨学金免除記事
  • 2017/06 「日本機械学会 若手研究者優秀講演フェロー賞」
    脳波の研究を発表した時にいただいたものです。山口大学HPにてザックリと研究紹介されているのでしているのでぜひ!(⇒記事へ
  • 2017/03 「自動車技術学会 大学院研究奨励賞」
    修士の時にやっていた脳冷却と脳波解析を組み合わせたものです。交通事故予防に応用できると考えています。(⇒記事へ
  • 2017/03 「平成28年度 山口大学大学院医学系研究科 奨励賞」
    修士を卒業した時に学長さんからいただきました。ありがたや。
  • 2016/11 「アメリカ機械学会AMES Student Paper Competition」
    国際カンファレンスで研究発表した時にいただいたものです。これは、脳を冷却する装置のモデル化をしたやつですね。(⇒記事へ
  • 2016/10 「修士課程 常盤工業会奨学生 採用」
    返還無しのタイプC(10万円)を常盤工業会の方からいただきました。研究の励みになります(⇒Detail

こんな感じで研究もストレスにならない程度に頑張ってます(笑)研究紹介などもブログを書くと思いますが、基本的にその時書きたいことを書いてます(笑)

ほかにもnoteで適当に記事書いてます。

 

生まれ、子ども期。

沖縄県の普天間というところで生まれました。あのアメリカ軍基地で話題になった場所です。

うるさい飛行機やジェット機がバンバン上空を飛んでいるような街です。

子供の時はよくサッカーをしながら上空を飛んでいる戦闘機や飛行機を追いかけまわしていました。

そんな感じで、毎日飛行機を追いかけまわしていたわけなので、好きなものはもちろん飛行機でした。

将来の夢はたしか、航空整備士か、サッカー選手か、団子屋さんを開店することでした。
今ではまじでどうでもいいです。

あ、サッカー好きです。体力ないけど小学4年生からずっとやっているので結構上手だと思います(笑)2分くらいならだれにも負けないと思ってましたが、この前10分動いたらガチで吐きました。

因みに団子屋は、13歳くらい?当時みたらし団子が一番うまいと思っていたためです。

視野が狭いアホな子供でした。

 

育ち、ちょい大人期

高校受験に落ち、超超超ド田舎の学校へ!


中学までサッカーかゲームかマンガばっかりを読んでて高校受験に落ちました(笑)
地元の普天間高校というところに受験をしたがあえなく撃沈です。
合否発表の会場で、合格したばかりの他校の学生たちのはしゃぎようを見て、本当に悔しかったことを覚えています。

胴上げとかしてたやつらもいたし。

あの悔しい日を超えた日はいまだかつてないと思います(笑)
それ以来、悔しい人生を過ごしたくないのでやりたいことは全部やって頑張るぞ!!っていう感じになりました。

多分人生のターニングポイントになったと思います。

人生なんて一回しかないんだしという気持ちで、二次試験で受けた高校は、沖縄県のかなり北の方にある北山高校というところです。

かなりのド田舎でたまに馬とかポニーとかが道を歩いてます。

高校受験落ちてから色々と挑戦する心が芽生えてきたのだと思います。(田舎でまじでサバイバルかなんかしたかったんだとも思う。)でも田舎は良いところだと思います。

燃え尽きてじじいになったら帰ります。

実家からは、高速道路を使って二時間くらいかかるので、当時あこがれの学生寮(学校が管理してる)に入りました。

高校田舎過ぎて何もやる事が何もありません。

本当に高校の周りはマジで何もありません(二回目笑)学校の授業が終わると部活に行かなかったらやることがなくて、歩いて30分の海に行き岩山から飛び込んだり、お金ないからバフンウニっていう食用ウニを捕まえて食べるとか、そんな感じです。

唯一学校の近くにコンビニが一つだけあったのがありがたくて、雑誌立ち読みできました。あんまりしてないけど(笑)

本当にやることがなくて、夜はお墓でやっすいお酒(泡盛)を飲むっていうのが結構ありました。なので、26歳になったいまでもかなり好きです。

当時は、さすがに毎日ではなかったけど、ほとんど毎日飲んでたよーな気もします。何回か捕まったりして、寮は4回も退寮になって、先生やみんなに全力で謝ってまた入れてもらって、ていうのを日課にしてました。

最後に退寮になった時には、もう入れてもらえなかったですね(笑)

それで、普天間(実家)から1か月くらいは、遅刻もいっぱいしたけど毎朝6時くらいにおきて通って、って感じでしたけど、高校3年生の頃はいとこのお家に居候させてもらってました。(高校から近いので)

戦い、大人への成長期

なんとか人生のなかで良い足跡を残したい!

一度は高校すらも辞めたいと思った頃もあったが、辞めたい理由が「学校に行きたくないから」って、まじでくそすぎるな、絶対後悔するな、高校受験みたいになるな、同級生の卒業式に胴上げされている姿をみたら絶対胴上げがトラウマになるな、とめちゃくちゃいろいろと考えて、高校3年生の時に出した答えは「国立大学に合格する!」です。

大学受験合格に向けてプランをいろいろ立て始めました。受験勉強って知識だけじゃなくて、こういう人生設計とか計画する力的な目に見えない何かも養えますよね。

大学に関しては、唯一飛行機とかロケットが好きだったので、航空宇宙工学コースがある山口大学の機械工学科を目指すことにしました。

必要なのは、物理、数学、英語です。

受験に向けて3教科だけプランをたて勉強しました。

中二病のおいらはドラゴン桜(マンガ)を参考にしました。

3教科以外の科目はいらないらしいし、国語とか全く勉強していなかったので、漢字のレベルは今もおそらく下の下です。

でも、物理、数学、英語さえ点を取れたら大学に合格できるって知って、当時は大学ってそんなものなのかと、入試には一般教養とかいらないのかと、ちょっぴり入ってもいない山口大学工学部を見下してたりもしました(笑)

無事一年後、高校も辞めずに大学に合格しました。

東大じゃなかったけどドラゴン桜は本物でした。

僕の勉強スタイルにはあってました。

超超超ド田舎の山の中の高校 ⇒ くそ田舎の山口大学へ

大学生になって、ちょっとしたビジネスに目覚めた時期でもある頃です。

同じ山口大学の同期の友達と二人で原付(50ccのバイク)を大学生たちに転売するという小遣い稼ぎを始めました。

大学一年生になったら、みんな原付ほしいんじゃね?という安易な考えでとりあえずヤフオクで売りに出されている1万円くらいのバイクを片っ端から買いそろえました。

もちろん正常に動くってのは少ないです(笑)だいたい、福岡あたりで出品されていることが多く、陸送をすると1万以上とかするので、軽トラを一日レンタルして3台くらい一気に引き取りに行ってました。しかもだいたい夜か早朝。

山口についたらさっそく修理に取り掛かります。だいたいはYoutubeかなんかに修理の仕方が乗っているので、見様見真似で、タイヤレバーでタイヤ交換をしたり、キャブレターを洗浄したり、ブレーキフルードやベルトを変えたり、シートを張り替えたりしました。

工具もそれなりにそろえる必要があったが、そろえると全然楽勝で原付くらいはレストア(劣化・故障したバイク等を直すこと)ができるようになってました。

かなり売れたのを覚えているが、それでもみんなが大学2年、3年にあがるにつれて、車を買いだすので売れず結局在庫が3台くらい残ってしまいました。(笑)

この時に、在庫が残る商売ってだるいなって感じました。でもバイクは少し好きになりました。

大学4年生の研究室配属から修士課程修了まで

なんかバイク日記みたいになりそうだから、この辺から研究室について書きます。
大学4年生になると研究室を選択します。そろそろ飛行機にバイクなどの工学系の領域に飽きてきたおいらは、医療系の分野を研究しているところを選択しました。

なんらかの病気の治療デバイスなどを作っていたりするところです。新しい分野なので、新鮮ですごい楽しかったです。

その当時おいらは、脳を冷やす冷却装置を作っていたりしました。

実際にプロトタイプを作ったり、装置をモデル化してシミュレーションしたり...現在は脳波に関して研究しているのであるが、そういった研究内容はまたブログにでも書きたいと思います!(笑)

長いのに最後まで読んでくれて感謝です。😁